レモネードスタンド

“When life gives you lemons, just make lemonade”

〜人生が酸っぱいレモンをくれるなら、それで甘いレモネードを作ればいいのよ〜

 

レモネードスタンドと彼女は言いました。これは「困難や逆境をいい方向に変えよう!」という意味を持っています。小児がんと闘っていた当時4歳の少女アレックス。彼女が「病気を治す為の研究費を病院に寄付したいの!」と自宅の庭で始めたレモネードスタンド。

その募金活動は彼女が8年の生涯を終えた後も全米はもちろん、全世界にもその活動が広がっています。私たちWishHeartは小児がんの子どもたちとその家族を、一瞬でも多く笑顔にしたいという想いがあります。その活動の一つとして小児がん治療開発支援のシンボルであるレモネードスタンドを啓発活動と共に行っていきます。

子どもと家族が受けられるサポートの為、収益を小児がん支援団体への寄付と病院でのイベント開催や家族のサポート支援に使用いたします。このレモネードスタンドを通して、多くの人に「小児がんのこと」を知ってほしい。

 

ご賛同いただける方のご参加と活動資金の援助をお願いしております。

どうぞ、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

小さな一歩かもしれません。しかしその一歩一歩を重ねることできっと景色は変わるはず。